インフルエンザ 有給 欠勤

 

インフルエンザが流行る季節になりましたね。

私の周りでもインフルエンザにかかる人がちらほら増えてきました。

インフルなどの感染症になると周りの人にうつしてしまうのではと
不安ですよね。

ですから仕事をしたいと思っていても休まざるを得ないケースが
ほとんどだと思います。

でもインフルで会社を休むときって有給が使えるのか、欠勤に
なってしまうのかで給与が大きく変わってきます。

この記事では自分の会社がインフルエンザで仕事を休むときに
有給が使えるのか、それとも欠勤扱いになってしまうのかという
疑問を持っているあなたに会社側のよくある対応などをご紹介します。

また特別休暇などの公休扱いをしてくれる会社側の対応や給料、
もし欠勤扱いになり、給与が減額されてしまった場合の対策について
も紹介していますので、参考にしてみてください。

 

スポンサーリンク

インフルエンザで有給は使える?それとも欠勤になる?

この季節になるとインフルエンザウィルスが蔓延し、インフルエンザに
かかってしまう人も増えてきます。

インフルの予防接種を受けていたり、うがいや手洗いなどの予防策を
とっていたとしても絶対に感染しないというものではありませんから、
風邪のように自己管理が甘いからインフルエンザに感染したんだと
言われてもなんだか納得いかないですよね。

 

インフルエンザに感染した場合、周りの人にうつしてしまうと大変
ですから、仕事を休ませてもらう方が大半だと思います。

そんな時、有給休暇を使って休めるのか、単なる欠勤として扱われて
しまうのかによって、給与や評価が大きく変わってきます。

 

インフルエンザで休むときに年次有給休暇が使えるのか、欠勤となって
しまうのか会社側はどんな対応をしてくれるのかみていきましょう。

インフルエンザで休むときに有給休暇は使える?

インフルエンザにかかり、仕事を休まなければならないときに有給が
使えるかどうかは勤めている会社によって、対応が大きく違います。

ただ一般的には会社側は有給休暇を利用して休ませてくれる場合が
多いです。

 

有給を使って休むことができれば、有給の日数は減ってしまいますが、
仕事を休んでいる間の給与も支給されますし、欠勤扱いにならないこと
で会社での評価も下がらずに済みます。

 

しかし、インフルエンザで仕事を休むときに年次有給を利用する場合、
注意点があります。

それは、年次有給休暇の申請は原則として事前申請となっているという
ことです。

 

ですからインフルエンザにかかったことが原因で当日会社を休む連絡を
した場合は、その当日分が有給休暇として認められないことがあります。
そのような場合、休むといった当日は欠勤扱いになってしまうことが
あります。

この辺は当日から有給として認められるのか休むことを伝えた際に確認
した方が良いですね。

 

また原則、有給休暇を利用して休む場合は、医師の診断書の提出は不要
とされていますが、会社側の事務手続き上、診断書の提出を求めれる
ことがありますので、会社側の指示に従うようにしましょう。

診断書をもらう際の費用は原則本人負担ですが、会社が負担してくれる
こともあるので、あらかじめ担当部署などに確認してから取得されるの
が良いでしょう。

 

ちなみに私の勤めていた会社では有給という制度が労基法で定められて
いるにも関わらず、有給休暇を取ることはおろか、「有給」というワード
を口に出すのもNGでした。
ですから有給をとったことは今まで一度もありません。

有給休暇を取っていいよと言われるだけでもその会社がとても良い会社
のような気がしてしまいます(笑)

有給が使えないと欠勤になるの?

一般的な会社ではインフルエンザなどの感染症にかかってしまった場合は
有給休暇を利用して、仕事を休ませてくれるのですが、中にはそうでない
会社もあります。

「有給休暇が使えなければ欠勤になってしまうのでは?」

と思われるかもしれませんがそういった会社ばかりでもないようです。

 

会社によっては有給休暇ではなく、

  1. 会社側の判断で出勤停止を命じられる場合
  2. 就業規則でインフルエンザなどの感染症にかかった場合の規則が
    定められている場合

があります。

会社側の判断で従業員を休ませる場合は使用者の責任による休業となりますので、
会社側は原則として、休業手当を支払うことになっています。

 

ただこの休業手当というのは年次有給休暇を利用して休んだ場合のようにその日の
賃金が全額もらえるわけではありません。
この仕事を休んでいる期間にもらえる休業手当は賃金の60%の金額となります。

この場合の休業手当の計算方法は、以下のように計算されます。

 

直近3ヶ月間に支払われた賃金の総額 ÷ 直近3ヶ月の暦の日数

※暦の日数とは月の日数である30日や31日や28日のこと

 

また大きな会社などは就業規則でインフルエンザなどの感染症にかかった場合
の規則が定められている場合があります。
特別休暇などの公休扱いになることが多く、欠勤にはなりません。

 

この場合、インフルで休んでいる期間の給与は全額支給されるのか、休業手当の
ように賃金の60%になるのかは会社によって、違いますので、就業規則を確認するか
担当部署などに確認してください。

 

「うちの会社には出勤停止命令もないし、就業規則でも決まっていない」

 

そんな場合でもインフルなどの感染症の場合には会社によっては例外的に特別休暇
などの公休扱いにして休んでいる間の給与も出してくれることもありますので、
お勤めの会社に確認してみることをおすすめします。

スポンサーリンク

インフルエンザで欠勤!?給与が減額された時の対処方は?

インフルになったことが原因で年次有給を使わせてもらおうと思ったのに、
使わせてもらえない場合や出勤停止などもなく、会社の就業規則にもインフル
で休むときの規則が決まっていない。
そんな会社も多くあります。

 

そのような場合にはたとえインフルエンザに感染したことを理由に休んだと
しても欠勤という扱いになり、仕事を休んでいる間の給料は支給されない
ことになります。

 

インフルにかかれば程度によって、4~7日は仕事を休むように指導される
と思いますから、給与から数万円減額される場合が多いでしょう。

インフルエンザにかかって医療費だけでなく、給料まで減額されてしまうの
ですから経済的にも大きな痛手となりますよね。

 

ではインフルで欠勤になってしまったときは給料を減らされても泣き寝入り
するしかないのでしょうか?

実はこのように働けなかった期間の給料を補償してくれる傷病手当金という
制度があるんです。

 

この傷病手当金とは業務外の病気やケガのために仕事を休んだ場合に会社から
十分な給料を受け取ることができなかった場合に請求することができる給付金です。

ただこの傷病手当金を請求するためにはいくつかの条件があります。

 

  • 傷病手当金を請求する本人が健康保険の被保険者であること
  • 仕事に就くことができない状態であること
  • 傷病手当金をもらうためには連続する3日を含めて、4日以上仕事を休んでいること
  • 休んでいた期間の給料の支払いがないこと

この4つが条件となっています。

 

連続する3日を含めて、4日以上仕事を休んでいることというのは、連続して休んだ
期間が3日間あり、その3日間を含めて、4日以上仕事を休んだ場合ということです。

最初の3日間は連続した休みである必要がありますが、その後は1日出社して、その後
1日休んだ場合でも傷病手当金の給付の対象となります。

仕事を休み始めた最初の3日間は「待機」となり、その期間は傷病手当金の給付を
受けることができず、4日目以降の仕事につけなかった日に対して給付されます。

 

この待機には有給休暇や土日・祝日等の公休日も含まれますし、給料の支払いが
あったかどうかも関係ありません。
また仕事中でも仕事以外の理由で発生した病気やケガで仕事をすることができない
状態になったときもその日を待機の初日として数えることができます。

待機にあたる3日分は手当金が給付されないので、有給休暇を充てることができれば
最初の3日間の損失もなくなります。

 

また仕事を休んでいる期間に給料の支払いがあった場合でも傷病手当金の金額より
も少ない場合は差額が支給されます。

 

では傷病手当金の給付でいくらもらうことができるのかというと、

  • 手当金としてもらえるのは標準報酬日額の3分の2相当の金額

となっています。

インフルエンザで仕事を休んでいた期間の給料全額はもらえませんが、欠勤扱いで
全くもらえないことを考えたらかなりの金額ではないでしょうか?

 

傷病手当金の申請書は全国保険協会でもらうか全国保険協会のホームページからも
ダウンロードすることができます。

傷病手当金の申請書には病気やケガで仕事をすることができなかったことの証明
として、医師からの証明書記入欄への記入、会社を休んでいたことの証明として、
お勤めになっている会社から証明書欄へ記入してもらいます。

 

申請書の提出は全国保険協会の都道府県支部へ直接提出されるかまたは郵送で
提出することもできます。

傷病手当金を申請できる期間は2年となっていますが、減額された給料を補うため
にも早めに申請をしましょう。

有給休暇を利用したり、会社の保証があれば一番良いのですが、有給休暇も使えず
会社の保証もないような場合は傷病手当金の申請を検討してみてはいかがでしょうか?

傷病手当金の詳細やダウンロードはこちら

インフルエンザでの休みは有給それとも欠勤?のまとめ

インフルにかかってしまい仕事を休まなければならないときはいろいろな
不安があると思います。

しかし、無理をして働いて重症化させてしまったり、身体を壊してしまっては
元も子もありません。

インフルエンザにかかってしまったら今は休むときと割り切ってゆっくり休んで
くださいね。


スポンサーリンク