卒業式 母親 服装

 

お子さんのご卒業おめでとうございます。

 

お子さんが卒業式を迎えるとあって感慨深いものがあるのでは
ないかと思います。

 

ついこの間入学したと思っていたお子さんがいつの間にかもう
卒業を迎え、子供の成長を実感をする時期でもありますよね。

 

そんな子供の晴れの舞台にお母さんがどんな服装で行くかは
子供にとってもお母さんにとっても大事なことだと思います。

 

でも卒業式にはどんな服装で行けばいいのだろうと悩んでいる
あなたはこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

 

卒業式の母親はどんな服装がいいの?

卒業式に母親であるあなたがどんな服装をすれば良いのかご紹介します。

 

一般的には卒業式の母親の服装は黒系のスカートスーツやパンツスーツが
良いとされています。

 

卒業式は落ち着いた色の服装をする母親が多く、明るい色のスーツなどを
着て行くと周りから浮いてしまうことがあります。
ですからもし黒系以外にする場合でもネイビーやグレーといった濃いめの
スーツを選ぶようにしましょう。

 

ブラウスは白のものを着る方が多いですが、黒系のスーツではどうしても
暗い印象になりがちです。
フリルの付いた淡いブルーやピンクのブラウスを着るだけでも印象がだいぶ
変わるのでおすすめです。

 

またストッキングは黒ではなく、ベージュのものを履くようにしましょう。
お子さんの卒業のお祝いですからね。

 

カバンはフォーマルな場所でも浮かないデザインのものにしましょう。
色は黒が基本ですが、アイボリー、ベージュ系やグレー系といった少し明るめ
の色にすることで明るい印象を与えるのもありです。

 

靴に関しては黒のパンプスでいいのですが、ヒールの高さは5㎝までのものを
選ぶようにしましょう。

 

卒業式は我が子の成長する過程を思い出して、涙が溢れてくることもあります
ので、フォーマルにふさわしいハンカチも用意しておきましょう。
色は黒や白のものが良いですね。

スーツ以外ならどんな服装がある?

卒業式のお母さんの服装は基本はスーツだとお話しましたが、スーツ以外の
服装をされるなら黒系のワンピースに黒系やグレー系のジャケットを合わせても
良いでしょう。

 

また最近ではおしゃれなブラックフォーマルも出ていますのでそちらでも良いの
ですが、何年も前に購入したようなデザインが古いと感じる礼服などはやめた
方がいいと思います。

防寒対策も忘れずに!

卒業式の会場となる体育館は3月とはいえ、まだまだ冷えますので、コートや
ショールを持っていったり、カイロを貼るなど防寒対策をするようにしましょう。
ジャケットを脱がないのであればブラウスの下に長袖の下着を着るのもおすすめです。

 

卒業式のお母さんの服装についてご紹介してきました。
あくまで卒業式の主役は卒業する子供なので、黒などを基調とした落ち着いた服装を
心掛けるようにしましょう。

卒業式で母親が身に着けるアクセサリーは?

先程は卒業式のお母さんの服装について紹介しました。
ここでは卒業式に身に着けるアクセサリーにはどんなものがあるのかみていきしょう。

 

まず卒業式といって思いつくのはコサージュではないでしょうか?
卒業式のコサージュというと黒を身に着ける方が多いですが、服装が黒系のスーツ
などでどうしても地味な印象になってしまいがちです。

 

ブラウスの色に合わせて白や淡いブルーやピンクなどのものを身に着けるとちょっと
したワンポイントですが、華やかさが違ってきます。

 

またネックレスやイヤリングなども卒業式のアクセサリーの定番ですね。
ネックレスやイヤリングはパールのものを身に着ける方が多いです。

 

ただパールのものは重い印象を与えてしまうこともあるので、ゴールドやシルバーの
細めのネックレスやピアスで一粒ダイヤモンドのものを身に着けるのもおすすめです。

 

指輪を身に着ける場合は結婚指輪のようにフォーマルの席で身に着けても違和感の
ないものを選ぶようにしましょう。
大きな宝石のついているものや派手すぎるものは身に着けない方が無難です。

 

コサージュやネックレスなどは必ず身に着けなければならないものではありませんので、
実際に身に着けてみて、あまり派手な印象や重たい印象を与えない程度にバランスをみて
から身に着けるようにしましょう。

スポンサーリンク

卒業式に母親が着物を着るのはどうなの?

卒業式ではスーツを着るお母さんが多く、着物を着るお母さんは少ないというのが
現状のようです。

 

そうはいってもきちんと着物を着付けているお母さんって凛としてカッコいい
ですよね。

 

では卒業式に着物を切る場合、どんな着物が良いのでしょうか?

 

スーツやブラックフォーマルはセミフォーマルな装いとなっているので、着物を
着る場合は準礼装・略礼装の着物である訪問着や付け下げ、色無地が卒業式には
適しています。紋は入っていても入っていなくても構いません。

 

これらの着物に袋帯を締めることによって、卒業式などにもふさわしい装いに
なります。

 

また卒業式で着る着物の色は淡い緑や紺や紫などの落ち着いた色合いのものが
良いとされています。

 

あなたの家のタンスにもなかなか着る機会がない着物が眠ったままになって
いるのではないでしょうか?

 

卒業式などのお子さんの節目の行事はそんな着物を着る絶好のチャンスです。
卒業式に着物を着るという選択肢も検討してみてはいかがでしょうか?

卒業式の母親の服装まとめ

卒業式のお母さんの服装やアクセサリーについてご紹介しました。

 

お子さんが主役の卒業式ですから、お母さんはあまり目立たないように
明るい色の服装は避けるようにしましょう。

 

暗い印象の服装ですが、ブラウスやコサージュに明るめの色を取り入れる
だけでも見た目の華やかさがかなり違ってきますので、あなたなりの
卒業式ファッションを楽しんでみてくださいね。


スポンサーリンク